課税所得と税率の見方

所得税・住民税の計算方法

受給時に一時金で受け取る場合、退職金の扱いとなります。分離課税といって、給与所得とは別に課税されます。給与所得は累進課税のため、所得が多ければその分、税金の負担も大きくなりますが、退職所得はそのほかの所得として総合課税されず、分離課税の対象となります。

ケース1

給与所得者

ケース2

​自営業