小規模企業共済

小規模企業共済制度は、個人事業をやめられたとき、会社等の役員を退職したとき、個人事業の廃業などにより共同経営者を退任したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。小規模企業共済法に基づき、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

01

小規模企業共済

共済金は税法上「退職所得扱い」または「公的年金等の雑所得扱い」となります。

03

小規模企業共済

廃業時・退職時に、共済金を受け取れます。受給方法は一括・分割・併用のいずれかを選択できます。

02

小規模企業共済

事業資金等の貸付制度が担保・保証人不要で利用できます。自身、災害、火災等の災害時にも貸付を受けられます。

04

小規模企業共済

掛金は毎月1,000円~7,000円の範囲で自由に選択できます。また、全額所得控除となります。

対象者

  • 常時使用する従業員が20人以下の個人事業主および会社の役員(サービス業・商業は5人以下)​

  • 確定拠出年金と併用して加入できますので、あわせて年間最大165万6000円の所得控除(節税)が可能となります。

紹介動画

『ご存じですか?小規模企業共済』

『もっと知りたい 小規模企業共済』

小規模企業共済制度 CMオーディション

新たな人生へのエール

パンフレット・申込書請求

小規模企業共済のお申し込みはDCサポートセンターへ

ありがとうございます!準備が整いましたら発送いたします。