99%の会社が損をしている!?知って得する三方よし!の選択制確定拠出年金!

​2001年からスタートした確定拠出年金、中小企業での導入率は1%未満。選択制確定拠出年金は、今まで導入に至らなかった中小企業でも導入しやすいスキームです。

​選択制確定拠出年金とは

1.

企業型確定拠出年金の一つで、加入者は社会保険料と税金の削減メリットにより老後資金を有利に積立をすることができます。従業員や役員だけでなく、会社にとっても会社負担の社会保険料が軽減されます。

その理由は「確定拠出年金法」により「国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与する。」と定めているからです。​

2.

従来の大企業が採用している企業年金との違いは、既存の給与に上乗せして掛金を拠出するのではなく、給与の一部を掛金とすることです。従業員の給与から掛金を支払うため会社の掛金負担はありません。なお、会社の福利厚生制度をもっと充実させるために、一部会社負担とすることも、もちろん可能です。

3.

会社が確定拠出年金制度を導入し、毎月の給与の一部を加入者の選択により、確定拠出年金の掛金として拠出するか、給与として受け取るかを決定します。加入者の選択ですので、掛けるか掛けないかは本人の自由です。掛けた場合の従業員は、自分の都合により毎年、掛金の変更(増減)ができます。

 

加入者が従来どおり給与として受け取るのか、確定拠出年金の掛金に充当するのかを選択できるので、このようなスキームは「選択制確定拠出年金」や「リモデル選択制DC」あるいは「リモデル選択制401k」と呼ばれています。

(DC:Defined Contribution Plan)

 

導入メリット

選択制401k

選択制DC

選択制確定拠出年金

 

選択制確定拠出年金 制度運営の仕組み(F-401k企業型年金規約

  • 導入企業(実施事業主):厚生年金の適用事業所単位で地方厚生局に設立の申請を行い、確定拠出年金制度を実施します。

  • 代表事業主(プランスポンサー):代表事業主として契約締結の権限を受け、代表企業として運営管理機関、資産管理契約を締結します。

  • 運営管理機関:代表事業主との運営管理契約に基づき、導入企業の確定拠出年金制度の運営を行います。

  • 資産管理機関:代表事業主との契約に基づき、年金資産の信託業務(信託銀行名義で資金を管理し、加入者の運用指図に基づいて運用)を行います。

  • 事務取りまとめ会社:運営管理機関より運営管理契約の委託を受け、導入企業様の加入手続き、加入後の手続きを取りまとめする事業所です。

選択制確定拠出年金スライド

豊富な実績で安心導入!​選択制確定拠出年金のDCサポセン(全国対応!)

アクセス

〒530-0014

大阪市北区鶴野町4-11

お電話&ファックス

電話番号:06-4802-8811

ファックス: 06-4802-8822 

選択制確定拠出年金のDCサポートセンター
  • facebook
  • Twitter Clean

連絡先

info@dc-sc.com

Copyright (C) 2016 DCSC. All Rights Reserved.